[ ましこフォト俳句] 水鳥

ましこフォト俳句2019年01月25日

『水鳥(須田ヶ池公園)』の画像

水鳥(須田ヶ池)      

 

着水の下手な水鳥また一羽       たかし

水尾引きて鴨それぞれの日暮れかな   衿子

水鳥の雫を脚に飛び立てり       道子

元朝の川をはばたく吉き年ぞ      礼女

初鴉統べる一声屋敷林         初子

初飛翔野望を胸に天めざす       幸代

冬の駅季語にもなれぬ鳥一羽      くにお

鴨翔ちて夕日くづるる水面かな     れい子

初鴨の羽ばたく湖面一直線       啓子

番鴨対を見つけて羽ばたけり      守

鴨池や連なる水脈に西日差す      ヨネ

春の陽光(ひ)を浴び水鳥の飛び立たん 正美

 

○”ましこフォト俳句”とは?

益子町内で撮影された写真に、俳句を添えたものです。

こちらに掲載する写真及び俳句は、企画課へ提供を受けたもので、俳句は公民館主催講座「ましこフォト俳句教室」の受講生によって作られました。