1. ホーム>
  2. 町政>
  3. まちづくり>
  4. 平成29年度に寄せられたご意見

町政

平成29年度に寄せられたご意見

No. 年齢 性別 ご意見等の内容 回答
1

 親水公園の手入れをしてほしい!

 小貝川親水公園の除草作業等につきましては、5月中旬に実施しました。

●お問い合わせ
建設課 土木係(TEL|0285-72-8840)

2

 近年、中学校の部活動に熱が入り休みがありません。 家族で出かけることもできません。月に1回は土日の休みがほしいです。
 また、顧問の言葉づかいの悪さが目立ちます。

 中学校の部活動は、教育活動の一環として各学校において実施しております。いただきましたご意見につきましては、各学校に連絡をし、検討を促したいと存じます。

●お問い合わせ
学校教育課 学校教育係(TEL|0285-72-8861)

3

 田野小のバス通学ですが、体力作りに大切な時期になぜ徒歩通学をさせないのか。
 バス通学はどこからの要望(住民、学校、町主導)からはじまったことなのか。

 スクールバスの運行につきましては、昭和61年度に東田井、小泉分校、平成18年度に山本小、大羽小、小宅小が、それぞれ統廃合となり、事前の懇談会等において、児童の通学手段、安全の確保が大きな課題となり、スクールバス運行による通学となった経緯がありますが、現在は、益子町立小学校の全ての児童について、通学のために3キロメートルを超える徒歩の場合は、スクールバスの利用ができることになっております。
 スクールバスの運行形態などについては、「益子町立小学校スクールバス検討委員会」が設立され、各小学校長、PTA会長、地区スクールバス保護者会代表の方々に検討いただき、3年毎に見直しを行っております。また、学校においては、スクールバス保護者会が開催されておりますので、そこでご検討いただき、検討委員会へご意見をいただければと存じます。現に、益子西小学校においてはスクールバスを利用しない選択をしております。
 徒歩で通学することは、児童の健康のために役立ち、辛抱強い心身をつくれるものと考えておりますし、スクールバスを利用することで体力面への心配の声も承知しておりますので、これを機に学校におけるスクールバス保護者会での検討事項として取り上げていただくようお願いしたいと存じます。

●お問い合わせ
学校教育課 学校教育係(TEL|0285-72-8861)

4

 田野中は生徒数が減少し各学年1クラス、部活も減少しやりたい部活もなく他市町の学校へ通う子もいる。これで「益子町からオリンピック選手を」と言えるのか。田野中では中学校の統合を望む父兄はたくさんいます。なぜ父兄から意見を聞かないのか。
 統合について真剣に検討していただきたい。 

 生徒数の減少により、教職員数も減少し、部活動数に影響をきたしていることはご指摘のとおりです。3中学校の統合については、現在、出生者数など今後の動向を確認中ですが、多くの方が要望されていることについては、把握ができていない状況です。今後は、地域懇談会等において、ご意見をうかがえればと存じます。

●お問い合わせ
学校教育課 学校教育係(TEL|0285-72-8861)

5

 近所にアジサイ山があるのですがもう少しきれいに整備してほしい。お祭りには人が多く出て、お祭り前には青年部の方が整備しますが、通年でみるとほったらかし。土祭などでも多くの人が訪れる場所なので、観光客をがっかりさせないような環境整備をお願いしたい。

 ご意見をいただき、ありがとうございます。太平神社周辺に関しまして、私有地のため町が直接整備するのは難しいところがございます。しかし関係者・協力団体とより密に連携をとり、年間を通しての整備方法を検討して参りたいと存じます。

●お問い合わせ
観光商工課 タウンプロモーション係(TEL|0285-72-8873)

6

 陶器市開催時の混雑度は本当にひどい。道路、特に駐車場は何とかしてほしい。町で整備すべきである。個人宅、個人の土地を勝手に利用して駐車場にしているのは本当におかしい。

 陶器市に関してのご意見をいただき、ありがとうございます。現在の取り組みとしまして、町では渋滞緩和や駐車場確保に向けて会場内の巡回バスや直行バス等の運行支援を行い、また益子中学校校庭を臨時駐車場等とし、渋滞対策は行っておりますが十分ではありません。今後も駐車場確保に努めたいと存じます。

●お問い合わせ
観光商工課 タウンプロモーション係(TEL|0285-72-8873)

7

 土祭等は町中心部の方にはいいが、農家や大羽・七井地区では関係ないとの声を耳にする。
 自治会や地区代表者にもっと理解をしてもらい、住民にアピールできた方が良い。

 土祭に関してのご意見をいただき、ありがとうございます。昨年行われた土祭検討委員会において町民の方へより土祭を知っていただく方法として、今年開催の前・土祭を七井、益子、田野の3地区で実施してはどうかという案がございました。
 現在はこの案を実現するために3地区の住民の方代表とともに企画運営に関して協議しているところでございます。
 前・土祭をきっかけに来年の土祭2018でより多くの町民の方が土祭をご理解、ご参加くださるように努めて参ります。また、広報ましこ等を活用しながら事業周知に努めて参りたいと存じます。

●お問い合わせ
観光商工課 タウンプロモーション係(TEL|0285-72-8873)

8

 観光にばかりお金をかけて道でもなんでも新しくするのではなく、こういうアンケートを行う以上、子供たちの安全のためにたくさん道路を直す、歩道をつくるところがあるはずです。事故にあってからでは遅いので考えてください。

 歩道をつくるには関係地権者のご理解とご協力が必要となり、早急な対応が難しいところです。なお、道路修繕、歩道整備につきましては、危険度、緊急性等を勘案して順次工事を進めております。
 また、通学路等の危険箇所については、学校、警察等と連携を取りながら、路肩を広くするよう区画線を引くなど視覚的に車のスピードが出にくいような対応をしているところです。

●お問い合わせ
建設課 土木係(TEL|0285-72-8840)

9

 外灯(防犯灯)を去年新しくつけてもらえましたが、数が少ないのでもう少し外灯(防犯灯)の距離(間隔)を縮めてほしいです。

 防犯灯は、自治会長が申請し、町が設置、その後自治会が管理を行いますので自治会長にご相談ください。

●お問い合わせ
総務課 消防交通係(TEL|0285-72-8826)

10

 消防分署前の交差点に信号機を設置してもらいたい。

 警察に相談をしていますが、近くの押しボタン式信号との距離が近すぎるため、設置に至ってない状況です。今後も関係機関と協議していきます。

●お問い合わせ
総務課 消防交通係(TEL|0285-72-8826)

11

 私は大沢(町会は上町)に住んでいますが、いつごろ下水道は来るのですか。仲間のはなしではあと20年はかかるといっていますが本当ですか。

 七井地域の下水道整備について、現在、大沢地域の整備予定はありません。今後の整備要望につきましては自治会長を通して、建設課下水道係までご相談ください。

●お問い合わせ
建設課 下水道係(TEL|0285-72-8844)

12

 塙に住んでいるものですが、数年前に下水道に関するアンケートを実施されたと思いますが、その後進展していないのですが、どうなったのですか。また、この先整備予定はあるのですか。困っております。

 塙地区は都市計画の用途地域に入っておりませんので、公共下水の全体整備区域には入っておりませんでした。しかし、公共下水道の要望が多数ありましたので、塙地区の整備可能な地区に対して下水道に関するアンケートを実施しました。
 その結果を元に、接続同意の多かった地域に対して、整備することになり、平成38年度完成を目指して整備しております。整備区域の確認については、建設課下水道係までご連絡ください。

●お問い合わせ
建設課 下水道係(TEL|0285-72-8844)

13

 ごみ置き場等は自治会長が動かないと設置されないようですが、話をしてもなかなか進めてもらえないようです。
 町の方から自治会に設置状況の確認等をし、または町が直接に確認し、設置はできないでしょうか。ゴミ置き場等は網をかぶせているだけでカラスの被害、ごみの量に対して網が小さすぎてはみ出してしまい、道路へ転がってしまう等問題が多々あります。
 町で大きなゴミかご等の設置を進めることはできないのでしょうか。

 ゴミステ-ションは自治会で管理していただくことになっています。
 新規のゴミステ-ションの設置は、一定以上の世帯の利用が条件となりますが、条件を満たしていれば自治会長様から町に設置申請を提出いただき、その後収集業者と現地確認後、問題がなければ許可という流れになっています。
 また、ゴミステ-ションの設置費用についても自治会の負担になりますが、町では設置費用の2分の1以内(上限5万円)を補助金で交付していますので、自治会長様に補助金交付申請書を提出していただくことになります。

 いずれも自治会での協議が必要になりますので、まずは近隣の方とよくご相談いただきたいと思います。町では上記の手続き等について、自治会長様にご説明いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

●お問い合わせ
環境課 生活環境係(TEL|0285-72-8101)

14

 ヤングミニ健診をお金がかかってもいいので、もっと対象項目(大腸がんや胃カメラなど)を増やしてほしい。

 ヤングミニ健診においては、平成27年度に対象項目を見直し、胃がんのリスク検診として、ピロリ菌検査を導入しました。また、平成27年度には、歯周病検診の対象年齢に30歳を追加したところです。今後も引き続き、県内におけるヤングミニ健診の状況や国のがん検診における指針等を参考とし検討してまいりたいと考えております。

●お問い合わせ
健康福祉課 保健センター(TEL|0285-70-1121)

15

 医療機関の要望を何度か出しているが改善が見られない。検討願いたい。

 引き続き検討してまいりたいと考えております。

●お問い合わせ
健康福祉課 保健センター(TEL|0285-70-1121)

16

 主人が体が不自由なため介護タクシーで通院していますが、料金が高いので大変です。何とかしてほしいです。今一番困っていることです。

 町では福祉タクシー事業を実施しています。対象となる方は、重度の心身障害者で、対象となるタクシーは町に登録している会社となりますが、リフト付きのタクシーを所有している会社もございます。助成額はタクシーの初乗運賃で、助成回数は1年間で24回分となります。

●お問い合わせ
健康福祉課 福祉係(TEL|0285-72-8866)

17

 自治会加入を希望したところ、加入金45,000円とのこと。
 自治会の指導はどこがするのか?
 他自治会の規約等の資料は役場で知ることはできるのか。

 自治会は地縁による任意団体ですので、自治加入金などの自治会内部の取り決めについては自治会員の総会などで決定するものであるため、役場から自治会への指導はしていません。加入金の設定にも各自治会で理由があると思いますので、自治会長に説明を求めれば理由は教えていただけるのではないでしょうか。
 また、各自治会内の取り決めである規約については、役場に提出されていませんので、役場では把握しておりません。

●お問い合わせ
総務課 総務係(TEL|0285-72-8824)

18

 高齢者が増えてきた中、運転できる家族は仕事に出る人が多く、高齢者はなかなか出かけることが難しい方が多いです。デマンドタクシーではなく、以前あった町の週に1度走行させるバスが利用しやすいのではないかと思います。利用する人が減ってきたからではなく、高齢者の事故、家族の不安を減らすため、そして高齢者の楽しみを増やすためにもあるとよいと思いました。

 以前運行していた巡回バスは、ご利用の際最寄りのバス停留所まで高齢の方でも行かなくてはなりませんでしたが、デマンドタクシーは、ご自宅や指定した場所まで迎えに来てくれ、目的地まで乗せてくれるということで多くの方からご利用頂いている状況です。また、日曜・祝日、年末年始を除き毎日運行しておりますので、現在のところ巡回バスの運行までは予定していない状況です。

●お問い合わせ
企画課 企画係(TEL|0285-72-8828)

19

 免許証返納後の外出手段に困る。

 益子町では、乗り合い方式のタクシー「デマンドタクシーひまわり号」が運行されております。片道300円でご自宅から、益子町内の目的地へと移動できます。(七井地区と田野地区間での移動の場合は益子地区で一度乗り換えが必要です。)真岡鐵道やバス、一般タクシーなどとあわせてご活用いただければ外出手段の選択がひろがります。
 また、すべての運転免許証を返納される場合は、役場総務課に申請いただきますと1回に限りデマンドタクシーの回数券20回分が支給される制度もございます。

●お問い合わせ
企画課 企画係(TEL|0285-72-8828)

20

 子どもたちがストライダーや自転車などが乗れる(練習なども)場所を作ってほしい。
 北公園(七井)も自転車乗り入れ禁止になってしまい、練習する場所がなく、大変困っている。早急に何とかしてほしい。

 町が管理している、北公園や南運動公園は、野球やサッカー、陸上競技などに利用するほか、散歩や遊具等で遊ぶなど、町民の憩いの場となっております。したがいまして、自転車等の園内乗り入れは、以前から遠慮していただいております。
 ご意見にあります、お子様向けの自転車やストライダー、またはスケートボード、ローラースケート等のローラースポーツ専用の場所及び練習場につきましては、現在、整備計画はございません。今後の検討課題とさせていただきたいと思いますので、ご理解をお願いいたします。

●お問い合わせ
生涯学習課 スポーツ振興係(TEL|0285-70-2727)

21

 みどり保育園の学童クラスへ子供をあずけている者です。
 現在学童クラスの生徒数が増えているのに(次の4月にさらに増えます)、先生が足りない、部屋がせまい、部屋がない等色々な問題が起こっています。
 保育園と保護者での話し合いの場を持たれましたが、具体的な策は出ず平行線のままです。

 学童クラブ(放課後児童クラブ)の需要は年々増加しており、益子町においても平成29年度からは支援単位(クラス)が1つ増えたところです。
 さて、ご意見のありました件でございますが、学童クラブの建物の新築増改築等に関しましては、その費用の一部を国・県・町が補助する制度がございます。
 また、職員不足につきましては、学童クラブの職員のみならず、保育園など他の子育て関連施設の職員不足にも対処するため「人材バンク」の設置を検討しているところです。
●お問い合わせ
健康福祉課 児童家庭係(TEL|0285-72-8865)

22 59歳

 夏の暑さが年々増す昨今、益子町の7小中学校にはエアコンが設置されていません。(芳賀郡内の学校では益子町だけです)数年前に教室に扇風機4台が付けられましたが暑い空気を下に降ろしているため、学習環境としては悪い状態です。「学力向上」を目指すのであれば、まずは快適な環境を与えてやるべきではないでしょうか?
 設置にあたっては多額の費用がかかるため即決とはいかないのも分かりますが、暑さに慣れていない現代っ子には熱中症をはじめ、生命の危機さえ予想されるのではないでしょうか?益子町を担う大切な子供たちの尊い生命を失ってからでは遅いと思います。できるだけ早い時期の設置を切にお願いしたいと思います。(地域の小中学生を持つ親子さんからも熱望する声が多く聞かれます。)

 貴重なご意見をいただきありがとうございます。
 ご指摘のとおり、数年前に扇風機の設置を行いましたが、あまり教室内の温度が下がらず学習環境が良い状態ではないというご意見を保護者及び教職員から多数いただいております。
 しかし、エアコンの設置及び維持については、多額の費用がかかりますので財政当局と相談しながら、今後設置に向けて前向きに検討したいと考えております。
●お問い合わせ
学校教育課 庶務管理係(TEL|0285-72-8862)

23 52歳

 野良猫のいないまちづくり!
 近所で野良猫にえさをやっていて避妊手術も行っていないので、どんどん増えていて困っています。庭に入ってきて排泄したり外で飼っている金魚が食べられてしまったりして迷惑しています。飼うなら室内飼いにするとか、飼えないならえさをやらない等、徹底してほしいです。

 現在、野良猫の苦情が町に多数寄せられています。町では、メス猫の避妊の補助金制度設置をはじめ広報等で正しい飼育方法の周知、野良猫に餌やりを行う方への訪問指導など対策をとっています。
 野良猫については、野良犬と違い捕獲することが法律上できないため、周知や指導に留まり皆さまにご不便をおかけすることもございますが、ご理解くださいますようお願いいたします。

●お問い合わせ
環境課 生活環境係(TEL|0285-72-8101)

24

60歳

1. 人口減少(生徒減少・少子化)に対応するため、早急に七井中学・田野中学を益子中学へ統合するべき。(芳賀町・市貝町・茂木町は統合済み)
 茂木町・市貝町等と比較して、益子町の場合は、七井地区・田野地区から自転車通学が可能の地域が多いこと。
 部活動を含め、適正規模の中学校を作るべき。

2.コスモス・ひまわり等の花のイベントや観光では、絶対に人口減少は止まらない。世界の日光でさえ、人口減少となっている。人口減少を止めるには、上水道・下水道の完備と生活道路の整備により「良質な宅地供給」以外の道はない

1. 人口減少、少子化に対応するため、中学校を統合すべきとのご意見をいただき、ありがとうございます。
 現在、益子町においては「新ましこ未来計画」を実施し、人口減少、少子化問題に取り組んでおります。
 かつて、小学校において複式学級が導入され、複々式授業の展開も確実的な状況で、自治会への説明や懇談会、統合準備委員会等を経て統合した経緯がありますが、中学校の統合については、今後の出生者数や人口の推移を検証しつつ慎重に考慮してまいります。
●お問い合わせ
学校教育課(TEL|0285-72-8861)

2. まちづくりに関するご意見をいただきましてありがとうございます。
 今後の人口減少・少子化問題に対応し、雇用の創出等を図り地域の創生によって活力あるまちづくりを行うため、歩行者や自転車を優先に考えた道路、街並みに配慮した道路の整備を、整備計画に基づき順次進めております。
 上水道につきましては、芳賀中部上水道企業団で整備を進めております。下水道につきましては、多額の費用がかかりますので、公共下水道と個別浄化槽設置による経済比較、地域の自然的社会的条件を総合的に評価しまして、公共下水道の区域と定め、下水処理区域内の整備を進めてまいりたいと考えておりますので、ご理解をお願いいたします。
●お問い合わせ
建設課 土木係(TEL|0285-72-8840)
建設課 下水道係(TEL|0285-72-8844)

25 36歳  浄化槽の地域が多いと思うので水道管を通してほしい

 まちづくりに関するご意見をいただきましてありがとうございます。
 本町は清らかな水と豊かな緑に恵まれた環境を保全するため良質な水環境づくりの対策として公共下水道、農業集落排水処理と個別処理施設(浄化槽)があります。
 その公共下水道と浄化槽の区域の分け方は、一つの自治体でも住宅が密集した区域と家屋が散在する郊外部では状況が異なるため、地域の自然的社会的条件、経済性、地域性などを総合的に評価したうえで、公共下水道で整備する区域と合併浄化槽で整備すべき区域などを定めています。
 なお、本町では公共下水道については、昭和55年より用途地域の指定されている益子町中心部、平成17年から国道121号線沿いの北中地区の一部と用途地域に指定されている七井中心部、平成26年から用途地域ではありませんが住宅が密集し、(住民アンケート等により)住民からの要望と経済性を考慮した結果、塙・星ノ宮地区の一部を益子町公共下水道の全体計画区域と定め、「公共下水道事業」により整備しております。
 農村部においては平成元年より長堤上山地区、平成8年より小宅地区、平成14年より東田井地区を「農業集落排水」により事業を進めてきたところです。
 その他の地域においては「合併浄化槽」(平成29年度現在、合併浄化槽を設置する方にその費用の一部を補助します)を進めております。
 今後もこの適切な事業計画のもと、快適で住みよいまちづくりを目指し、整備を進めてまいりたいと考えておりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

●お問い合わせ
建設課 下水道係(TEL|0285-72-8844)

26 30代

1. 市貝のように中3まで医者での医療費負担がなくなるようにしてもらいたい。後で申請するのはとても大変に感じます。

2. 学校に対する意見は色々あります。定期的に聞いてもらえるBOXとかあるといいなと思います。

3. 町の体育館で行っている様々なスポーツで、人気のあるものとか、可能であれば枠が増えたらいいなと思います。(人数多いと入れなかったり、年齢制限されてしまうと聞いたので)

1. このたびは貴重なご意見ありがとうございます。
 現在、益子町のこども医療費は、小学生~中学生のお子様について、一度医療機関での支払いと後日申請をする必要があるため、ご負担をおかけして申し訳ありません。
 現在未就学児までとなっている現物給付年齢の引き上げについては、今後検討してまいりたいと思います。
●お問い合わせ
健康福祉課 保健予防係(TEL|0285-70-1121)

2. まちづくりに関するご意見をいただきありがとうございます。
 ご意見に関しましては、学校関係に限らず、町内3カ所(益子町役場・あぐり館・改善センター)にて随時受け付けしております。また、本ホームページのお問い合わせフォーム(各ページ最下部にリンクあり)もございますので、ご活用いただければ幸いです。
●お問い合わせ
総務課 秘書広報係(TEL|0285-72-8825)

3. ご意見ありがとうございます。また、体育館で行っているスポーツに関心をいただき、大変、嬉しく思っております。
 さて、ご意見にあります、枠が増えたほうが良いと思われる種目を教えていただければ、確認をすることができます。総合体育館までお問い合わせください。
 さらに、益子町では総合型地域スポーツクラブ「ましこチャレンジクラブ」が設立5周年を迎えて充実しているところです。「いつでも、だれでも、いつまでも好きなスポーツを楽しむことができます。」をキャッチフレーズとして、様々なプログラムがあります。ここでは紹介しきれませんので、ぜひ「ましこチャレンジクラブ」のホームページをご覧になってください。きっと、やってみたいスポーツに出会えると思います。
●お問い合わせ
益子町総合体育館 スポーツ振興係(TEL:0285-70-2727)
ましこチャレンジクラブ(TEL:0285-81-3071)

27 73歳

 益子町は道路が悪い。田野は特にひどい。東田井から西山を通って本沼に行く道路と山本から前沢を通って町に入る道路はなんとかならないものでしょうか。花フェスティバルをやめてその金を道路の方に向けてください。

 まちづくりに関するご意見をいただきありがとうございます。
 町道の整備等につきましては、重要性・緊急性等を勘案して順次進めているところです。いただいたご意見は、今後の道路整備の参考にさせていただきますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
●お問い合わせ
建設課 土木係(TEL|0285-72-8840)

28 38歳

 小学校・中学校の給食をもっと地産地消化して益子だからできる給食になったら、子供達ももっと益子を好きになるし、大人になってから思い返すのではないかと思います。お弁当もそうですが、給食も大人になっても覚えているので…。せっかくおいしい野菜が沢山あるので書いてみました!どうぞよろしくお願いします。
 道の駅のメニューにも給食メニューがあったりしたらどんな育児ができるか、県外の人も知ることができるのではないかと。

 学校給食では、現在ご飯につきましては、すべて益子産のお米を使用しています。また、安心安全な地元産の食材を積極的に活用し、30%を目標に地産地消率の向上に取り組んでおります。今後も生産者の方々や関係機関と連携をとり、地元産の食材の利用拡大を図っていきたいと思います。
 道の駅での給食メニューの取り扱いの件につきましては、道の駅ましこを運営しておりますましこカンパニーへお伝えをいたしました。そのような機会がありましたら協力させていただく所存です。貴重なご意見をいただきありがとうございました。
●お問い合わせ
学校教育課 学校給食係(TEL|0285-72-1332)

29 59歳

1. 町民も10年後20年後には、高齢者が多くなります。車がなくても、生活(買い物や通院など)に不便を感じない生活ができればよいと思います。高齢者が家に閉じこもらないようみんなで集まれる場所が多くあったり、安い施設(入居できる施設)も必要だと思います。

2. 我が家の前には、川が流れています。そこに心なき者が、定期的にごみを捨てています。我が家でごみを拾いごみ袋に入れ出しています。よって、町のごみ袋を半年に1回ぐらいで無料配布があるといいと思います。

1. 貴重なご意見ありがとうございます。年々高齢者が増加しておりますが、高齢者の閉じこもりの防止、また地域とのつながりをつくるために、高齢者をはじめ、地域の誰もが気軽に立ち寄って、お茶を飲みながらおしゃべりできるような場所が必要となってきます。
 現在、高齢者の居場所づくりとして町内に6つのサロンがございますが、今後も各地域でサロン開設ができるよう支援していきたいと考えております。
●お問い合わせ
高齢者支援課 高齢者支援係(TEL|0285-72-8867)

2. 日ごろより川の環境美化にご協力いただき、ありがとうございます。私たちの財産である河川は、地域に潤いと癒しを与えてくれ、大きな役割を果たしていますが、地道にごみを拾ってくださる方がいる一方で、平気で家庭ごみや粗大ごみを捨てる人も後を絶たず、とても悲しいことです。
 少しでもそういった行為をなくしていくためには、不法投棄防止の啓発はもちろんのこと、日ごろから地域が一体となって河川の環境美化に取り組むことが重要と考えます。
 また、町としては、監視員が町内をパトロールし放置されているごみの回収を行うほか、各地区より環境保全協力員を推薦していただき、不法投棄の報告があればごみの回収をしています。川のゴミを拾っていただいたときは、回収に伺いますのでご連絡をいただければと思います。
●お問い合わせ
環境課 生活環境係(TEL|0285-72-8101)

30

1. 歩道をしっかり安全に作ってほしいです。(小学生が登校する県道、特に生田目地区の丈夫卵手前の急カーブが危険です!)
 今ついているポールのようなものは、いつも車が倒して倒れていることが多いです!

2. ごみ袋の値段がちょっと高いです。

1. まちづくりに関するご意見をいただきありがとうございます。ご意見をいただいた箇所につきましては県道になりますので、道路管理者である県に連絡いたします。なお、町道の整備につきましては、重要性・危険度などを勘案して順次進めているところですので、ご理解とご協力をお願いいたします。
●お問い合わせ
建設課 土木係(TEL|0285-72-8840)

2. はじめに、「もえるごみの袋」「衣類布類の袋」についてお答えします。皆さまのご負担いただく袋の料金には、袋そのものの料金のほか、ごみ処理手数料が含まれています。ごみ処理手数料は、4町(益子町・芳賀町・市貝町・茂木町)で運営している芳賀郡中部環境衛生事務組合の収入となり、主にごみの収集運搬にかかる燃料費や人件費などに充てられます。益子町内には600近くのごみステーションがあり、収集運搬には多額の経費を要しますが、ごみ処理手数料により収集運搬が円滑に実施されています。住民の皆さまにはご負担をおかけしますが引き続きご理解とご協力をお願いいたします。
 次に、「生ごみ専用袋」についてですが、生ごみ専用袋は分解しやすい特殊な材質でできているためコストも高くなっています。そのため、袋にかかる料金の1/2は町で負担している状況です。ご理解とご協力をお願いいたします。
●お問い合わせ
環境課 生活環境係(TEL|0285-72-8101)

31 62歳

 他県出身者です。芸術と文化の町益子…の言葉はとても魅力的で素敵だと思いますし、実際アーティストと呼ばれる方達は沢山住んでいられ、引越ししたばかりの頃は誇らしく思いました。
 しかし現実には図書館もない!ヒジ祭や○○祭と名の付く行事は一部の方々(特に益子に移住されたアーティスト?!の方々)中心で地元の方達の関心は薄いのではないでしょうか。
 益子には美味しいお米や野菜果物…などなど栽培されている方々も沢山おられます。もちろんサラリーマンの方々も…
 そういう昔から益子を支えて来られた方々が気兼ねなく参加でき楽しめる雰囲気づくりが大切なのではと感じました。

 もう一つ、何でこんなに大型ドラッグストアが多いのですか?安易な法人税取得のためですか?

 図書館建設に関するご意見について回答いたします。
 町でも、図書館が必要であるという町民の意見は重々承知しておりますが、基本的な考えとしては役場周辺の土地区画整理事業と一緒に検討していきたいと考えています。そして、建設費や維持管理費など財政を見据えると同時に、町民全体の意識の高まりを勘案しながら検討していきます。
●お問い合わせ
生涯学習課 生涯学習係(TEL|0285-72-3101)

 土祭(ヒジサイ)に関して、ご意見をいただきありがとうございます。
 ご指摘いただいたとおり、これまでの土祭では周知が十分でない面もあり、町民の皆さまのご参加は限定的なものでありました。
 そこで、平成29年度に開催した「前・土祭2017」では、今まで益子地区のみであった「夕焼けバー」や「演奏会」などの企画を新たに田野・七井地区でも実施することで、これまでの土祭に関わっていなかった多くの方々にご参加いただくことができました。
 また、平成30年9月・10月に開催を予定している「土祭2018」では、田野・益子・七井それぞれの地区に住む地元住民の方々が自ら企画・運営を行う「地域プロジェクト」や、町内の小学生が七井地区にある史跡「小宅古墳群」でオカリナを演奏する「オカリナプロジェクト」など、町民の方々が主役となる催しもたくさん予定しております。
 「土祭2018」については、今後さらに内容を充実させ、町民の皆さまへの周知に努めてまいりますので、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。
●お問い合わせ
観光商工課 土祭担当(TEL|0285-72-8873)

 大型ドラッグストアについては町として特に誘致している訳ではなく、各事業者の判断による出店となっております。
 ドラッグストアが競合しておりますが、各事業者の特色を活かした販売を展開するものと考えております。
●企画課 企画係(TEL|0285-72-8828)

32 37歳

●ごみの袋を丈夫なもの、または指定を廃止してほしい。弱くてやぶれてしまう。

●ビン・缶ごみを週一回、普通ゴミと同じように出せるようにしてほしい。

●陶器市期間中、城内坂を歩行者天国にしてほしい。歩行者があぶない、渋滞。

●子ども医療は、他市町村と同じように中学生まで現物支給にしてほしい。

 現在益子町ではもえるごみ用、衣類布類用、生ごみ専用の3種類の袋を指定しています。まず「指定袋を丈夫なものにしてほしい」というご意見ですが、現在の材質についてご説明します。もえるごみについては、焼却の際に効率よく処理するため、クレーンで破袋し撹拌する必要があります。そのためには、現在の材質が最も適していると判断し、指定の袋としてます。布類衣類についても、同様に効率よくリサイクルするため破袋しやすい材質にしています。また、生ごみ専用袋については、とうもろこしやでんぷんなどを原料にしており、最終的に分解して生ごみと一緒に土にかえるような素材となっています。そのため、生ごみを数日間入れておくと分解しやすくなりますので、使用の際はゴミステーションに出す直前に袋に入れ替えていただくなどの配慮が必要になってきます。また、袋を指定している理由は以下のようになります。
 1. ゴミステーションでの一定の秩序を保つため
 2. 排出者の責任保持のため
 3. 多額の費用が発生する収集日の費用に充当するため
皆さまにはご不便をおかけすることもありますが、ご理解くださいますようお願いいたします。
●お問い合わせ
環境課 生活環境係(TEL|0285-72-8101)

 現在、ビンの収集日は月に1回、缶は月2回となっております。
 回収日を週1回にしてほしい、というご意見ですが、現在ごみの収集・処分には多額の費用がかかっており、住民の皆さまの税金で賄っております。収集日を増やすとなると、新たな人件費や車両代など経費の負担が増えることが予想されます。限られた財源の中で事業を実施するために、ご不便をおかけしますがご理解くださいますようお願いいたします。
 また、町では、毎月第2土曜日の午前中に「エコ土曜日」と称して役場駐車場においてスチール缶・アルミ缶・一部のビン(ビール瓶など)の収集も行っておりますので、どうぞご利用ください。
●お問い合わせ
環境課 生活環境係(TEL|0285-72-8101)

 陶器市に関してのご意見をいただき、ありがとうございます。
 益子陶器市実行委員会では、歩行者天国を検討していますが、迂回路を設定することによって渋滞の増加が見込まれるため実施に至っていない状況です。
 渋滞対策として、定期バスのほかに会場内の巡回バスや直行バスなどの臨時バスを運行しておりますが渋滞緩和の成果はまだ十分ではありません。
 町ではバスの運行支援などを行っていますが、いただいたご意見を検討課題とさせていただき、渋滞緩和などの環境整備の支援に努めてまいりますので、ご理解くださいますようお願いいたします。
●お問い合わせ
観光商工課 タウンプロモーション係(TEL:0285-72-8846)

 この度は貴重なご意見ありがとうございます。
 現在、益子町のこども医療費は、小学生~中学生のお子さまについて保険診療分自己負担500円を超えた部分を償還払いにて全額助成しております。一部医療機関での支払いがあるため、ご負担をおかけして申し訳ありません。
 現在未就学児までとなっている現物給付年齢の引き上げについては今後検討してまいりたいと思います。
●お問い合わせ
健康福祉課 保健予防係(TEL:0285-70-1121)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務部総務課 秘書広報係です。

〒321-4293 栃木県芳賀郡益子町大字益子2030番地

電話番号:0285-72-8825 ファックス番号:0285-72-6430

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る