1. ホーム>
  2. くらし>
  3. マイナンバー>
  4. 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)について

くらし

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)について

個人番号(マイナンバー)は、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平・公正な社会を実現する社会基盤として整備されます

 マイナンバーは、国民一人ひとりに付番され、国や市町村等が保有する個人情報を関連づけることにより、社会保障・税・災害対策の分野において活用されます。

マイナンバー導入により次のような効果が期待されています

・より正確な所得把握が可能となり、社会保障や税の負担の公平化が図られます

・社会保障や税にかかる添付書類の削減など、行政手続きが簡素化され、負担が軽減されます

・社会保障や税にかかる行政事務の効率化が図られますマイナンバー(ロゴあり)

今後のスケジュール

・平成27年10月~  個人番号の付番および住民登録している市町村からの通知

・平成28年1月~   個人番号の利用開始、個人番号カードの交付

・平成29年1月~   マイポータル運用開始、情報照会および提供の開始(国の機関)

・平成29年7月~   情報連携開始(国と市町村等)

※ マイナンバーを含む自分の個人情報のやり取りを確認できるシステム 

 

詳しくは、内閣官房「社会保障・税番号制度」のホームページをご確認ください。  

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務部企画課です。

〒321-4293 栃木県芳賀郡益子町大字益子2030番地

電話番号:0285-72-8827 ファックス番号:FAX 0285-72-7601

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る