文化財詳細

西明寺本堂厨子内仏像群

西明寺本堂厨子内仏像群

さいみょうじほんどうずしないぶつぞうぐん西明寺本堂厨子内仏像群

県指定(平成4年2月28日指定)

種類
彫刻
時代
鎌倉時代

本堂厨子(重要文化財)の中に納められていた仏像群である。聖観音菩薩立像、馬頭観音菩薩立像、勢至菩薩立像、准胝観音菩薩立像、如意輪観音菩薩坐像、延命観音菩薩立像、毘沙門天立像、十一面観音菩薩立像が納められていた。桧材、寄木造り、彫眼で鎌倉時代作(ただし如意輪観音菩薩坐像は室町時代作)とされている。

参考:『益子町の文化財』

所在地
大字益子4469
所有者
西明寺
公式webサイト
http://fumon.jp/