文化財詳細

カヤ

カヤ

かやカヤ

町指定(昭和52年7月18日指定)

種類
天然記念物
時代
年代不詳

カヤはいちい科カヤ属で本州関東以西から九州の山地に他の樹木と混合してはえまた栽培される常緑高木。高さ20m、径90m。樹皮は滑らかで灰色、若枝は緑色だが後に赤褐色。小枝は三叉状。葉は光沢があり長さ2~3㎝、螺施状またねじれた枝で左右2列。雌雄同株。花は晩春。種子は翌年晩秋に熟し食用や薬用となる。材は碁・将棋盤にする。種小名は堅果を有するの意味。安善寺を再建した際、財力不足のため門を建てることができなかったので、その代わりに植えたものと伝えられている。

参考:『益子町の文化財』

所在地
大字大平202
所有者
安善寺