文化財詳細

新町彫刻屋台

新町彫刻屋台

しんまちちょうこくやたい新町彫刻屋台

町指定(平成元年9月1日指定)

種類
有形民俗
時代
江戸時代

黒漆塗の彩色彫刻屋台で益子町においては一番古い屋台である。明治13年(1880)に宇都宮市押切町より購入し、彫刻は後に新町地区に於いて付け加えられた。鬼板は丸彫で飛龍が、脇障子は菊と上下に龍が彫ってあり、飾り金具も豪華である。平成11年7月28日焼損。平成12年5月から3年間かけて平成15年7月に復元。彩色も当時のものとし、よみがえる。

(引用:『芳賀の文化財』第25集)

所在地
大字益子
所有者
新町自治会