文化財詳細

地蔵院本堂

地蔵院本堂

じぞういんほんどう地蔵院本堂

国指定(重要文化財/昭和25年8月29日指定)

種類
建造物
時代
室町時代

永正年間(1504~1521)の建立とされている桁行5間梁間4間、入母屋造り柿葺き型銅板葺きの建造物である。側柱は角柱、内部は円柱、阿弥陀堂式の平面を構成する。柱間寸法8尺4分、斗拱は二手先組、つなぎ虹梁先を肘木に作りだし斗拱を組み込む。内陣格天井中央一部折上天井、花鳥、飛龍、鳳凰の彩色画が填められており、鏡板長押びわ材彩色仕上げ。来迎柱2本は後寄りに立て、前方に須弥壇を設け、春日厨子を安置する。春日厨子は鎌倉時代の作と見られ毛彫り金具等優雅である。

参考:『益子町の文化財』

所在地
大字上大羽945-1
所有者
地蔵院