ましこ歳時記

祇園祭【H24.7月】

7月23日(月)から25日(水)にかけて祇園祭が行われ、
内町、新町、田町、城内、道祖土、塙の6町が屋台を引いて町中を回りました。

23日の出御祭では、鹿島神社でお払いを受けた天狗や神輿が今回の当番町である内町へと向かいます。

神輿 天狗


また、夜は下野手筒会による、手筒花火が共販センターで披露され、
多くの観客が火柱と音の迫力に歓声を上げていました。
手筒花火

24日には、関東三大奇祭に数えられる「御神酒頂戴式」が行われました。
御神酒頂戴式
これは、当番町の引き継ぎをする際の儀式で、
来年の当番町(新町)が、1年365日になぞらえ3升6合5勺(約6・5リットル)入る大杯に、
なみなみとつがれた熱かんを10人で3杯飲み干すことになっています。

そして、最終日25日の午後には、花馬を先頭に6町がそろって町内を練り歩きました。
花馬

昔は実際の馬を引いていたそうですが、今は馬の模型を台車に乗せ引いています。

内町 新町 田町
道祖土 城内 塙

フィナーレとなる御上覧は夜の10時から始まります。
鹿島神社前の交差点には、御上覧を一目見ようとたくさんの方が集まりました。

御上覧

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務部総務課です。

〒321-4293 栃木県芳賀郡益子町大字益子2030番地

電話番号:0285-72-2111(代表) ファックス番号:0285-72-6430

メールでのお問い合わせはこちら