○益子町妊婦健康診査実施要綱

平成21年3月27日

告示第33号

(目的)

第1条 この要綱は、母子保健法(昭和40年法律第141号)第13条の規定に基づき、町が実施する妊婦健康診査(以下「健診」という。)について必要な事項を定めることを目的とする。

(実施主体)

第2条 実施主体は、益子町とする。

(健診対象者)

第3条 健診対象者(以下「対象者」という。)は、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づく住民基本台帳に記載されている者で、母子手帳の交付を受けている妊婦とする。ただし、町長が認める者については、この限りでない。

(健診実施機関)

第4条 健診実施機関は、原則として栃木県内の委託医療機関及び助産所(以下「委託医療機関等」という。)とする。ただし、県外の医療機関及び助産所(以下「県外医療機関等」という。)においても実施できるものとする。

(健診内容)

第5条 健診内容は、妊婦健康診査とする。

(健診費用の助成)

第6条 健診に要した費用の助成回数は、対象者一人につき14回以内とする。

(受診票等)

第7条 町長は、妊娠届出を受理したときは、次に定める区分に応じ、妊婦健康診査受診票(様式第1号の1から4。以下「受診票」という。)又は妊婦健康診査受診費用助成申請書(様式第2号)を交付するものとする。

(1) 委託医療機関等を受診するとき。

(2) 県外医療機関等を受診するとき。

(3) 前住所地において健診の助成を受けていた場合には、第6条に掲げる回数から既助成回数を控除した回数分を交付するものとする。

(健診の実施)

第8条 対象者は、母子健康手帳及び前条に定める受診票等を委託医療機関等又は県外医療機関等に提出し、健診を受けるものとする。

(健診費用の請求及び支払い)

第9条 委託医療機関等が健診を行った場合、これに要した費用の請求は、町が委託医療機関等と締結する妊婦並びに乳児及び幼児健康診査業務委託契約書(以下「委託契約書」という。)に定める請求書に受診票を添付し、毎月分をとりまとめ翌月15日までに町長に請求するものとする。

2 県外医療機関等で健診を受診した場合は、対象者本人が妊婦健康診査受診費用助成申請書(様式第2号)に受診票及び健診に要した費用の領収書を添えて、委託契約書に定めた公費負担額を限度として、健診受診月の翌月の末日までに、町長に申請するものとする。

3 町長は、委託医療機関等から請求書を受理したとき、又は対象者から申請書を受理したときは、内容を審査の上、正当なものと認めたときは、委託医療機関等又は対象者に対し、速やかに健診委託料又は助成金を支払うものとする。

(事後指導)

第10条 健診結果に係わる事後指導については、次の各号に定めるものとする。

(1) 委託医療機関等は、受診票に健診結果を記載し、町長に提出するものとする。

(2) 町長は、健診結果に基づき、必要に応じて委託医療機関等と連絡を図り適切な指導を行うものとする。

(その他)

第11条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

この要綱は、平成21年4月1日から適用する。

附 則(平成22年告示第21号)

1 この要綱は、平成22年4月1日から適用する。

2 この要綱の施行前日までに交付された妊婦一般健康診査受診票中、健診に要する費用の額については、委託契約書に規定するそれぞれの委託業務ごとに定めた費用の額とみなす。

附 則(平成24年告示第78号)

この要綱は、平成24年7月9日から適用する。

附 則(平成25年告示第25号)

この要綱は、平成25年4月1日から適用する。

附 則(平成27年告示第15号)

この要綱は、告示の日から適用する。

画像

画像

画像

画像

画像

益子町妊婦健康診査実施要綱

平成21年3月27日 告示第33号

(平成27年4月1日施行)