○益子町職員人事評価実施要綱

平成13年4月4日

告示第28号

(総則)

第1条 益子町職員(以下「職員」という。)の人事評価は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)に定めるもののほか、この規程の定めるところにより実施する。

(定義)

第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 人事評価 能力評価及び業績評価を、人事評価記録書を用いて行うことをいう。

(2) 能力評価 別表の標準職務遂行能力(以下、「評価項目」という)ごとに定める着眼点に基づき、職務遂行の過程において発揮された職員の能力を客観的に評価することをいう。

(3) 業績評価 職員があらかじめ設定した業務目標の達成度その他設定目標以外の取組により、その業務上の業績を客観的に評価することをいう。

(4) 人事評価記録書 人事評価の対象となる期間(以下「評価期間」という。)における職員の勤務成績を示すものとして、職位及び職種に応じて別に定める様式をいう。

(被評価者の範囲)

第3条 本規程による人事評価の対象となる職員(以下「被評価者」という。)は、町長が別に定める。

(評価の種類)

第4条 評価の種類は、定期評価及び特別評価とする。

(1) 定期評価は、毎年1回、1月1日を基準日として実施する。

(2) 特別評価は、条件付採用期間中の職員その他町長が必要と認める職員について、別に定める時期に実施する。

(評価者)

第5条 評価者は、1次評価者及び2次評価者とし、その区分は次に掲げるとおりとする。

(1) 1次評価者 部長職にあっては副町長とし、課長職にあっては教育長及び部長とし、以外の職員については担当課長とする。

(2) 2次評価者 副町長及び教育長とする。

2 評価者の職務は、次のとおりとする。

(1) 職員の執務を常に観察し、指導し、適切な措置を講ずること。

(2) 勤務成績について、公正で責任ある評価を行うこと。

(評価方法等)

第6条 評価は、別に定める人事評価表を用いて行うものとする。

2 勤務成績の評価項目、評価の手続き及び方法は、町長が別に定める。

(評価の審査)

第7条 町長、副町長、教育長及び総務部長で構成する評価審査会において、職員の評価について不均衡があると認めた場合はこれを調整するとともに、評価を審査し、適当と認めたときはこれを確認し、誤りを発見し、又は疑義が生じたときは、評価者の意見を聴きこれを是正させるものとする。

(人事評価表の保管)

第8条 人事評価票は、作成後5年間保管しなければならない。

2 前項の人事評価票の保管責任者は、総務課長とする。

(委任)

第9条 この要綱に定めるものの他、評価の実施に関し必要な事項は別に定める。

附 則

この要綱は、平成13年4月1日から適用する。

附 則(平成19年告示第33号)

この要綱は、平成19年4月1日から適用する。

附 則(平成20年告示第36号)

この要綱は、平成20年4月1日から適用する。

附 則(平成24年告示第59号)

この要綱は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成28年告示第41号)

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

区分

標準職務遂行能力

部長級

倫理

全体の奉仕者として、高い倫理感を有し、部の重要課題に責任を持って取り組むとともに、服務規律を遵守し、公正に職務を遂行することができる。

構想

所管行政を取り巻く状況を的確に把握し、先々を見通しつつ、住民の視点に立って、部の重要課題について基本的な方針を示すことができる。

判断

部の責任者として、その重要課題について、豊富な知識・経験及び情報に基づき、冷静かつ迅速な判断を行うことができる。

説明・調整

所管行政について適切な説明を行うとともに、組織方針の実現に向け、上司を助け、困難な調整を行い、合意を形成することができる。

業務運営

住民の視点に立ち、不断の業務見直しに率先して取り組むことができる。

組織統率

指導力を発揮し、部下の統率を行い、成果を挙げることができる。

課長級

倫理

全体の奉仕者として、高い倫理感を有し、課の重要課題に責任を持って取り組むとともに、服務規律を遵守し、公正に職務を遂行することができる。

構想

所管行政を取り巻く状況を的確に把握し、住民の視点に立って、所轄する事務の課題に対応するための方針を示すことができる。

判断

課の責任者として、適切な判断を行うことができる。

説明・調整

所管行政について適切な説明を行うとともに、組織方針の実現に向け、関係者と調整を行い、合意を形成することができる。

業務運営

コスト意識を持って効率的に業務を進めることができる。

組織統率・人材育成

適切に業務を配分した上、進捗管理及び的確な指示を行い、成果を挙げるとともに、部下の指導・育成を行うことができる。

係長級

倫理

全体の奉仕者として、責任を持って業務に取り組むとともに、服務規律を遵守し、公正に職務を遂行することができる。

課題対応

担当業務に必要な専門的知識・技術を習得し、問題点を的確に把握し、課題に対応することができる。

協調性

上司・部下等と協力的な関係を構築することができる。

説明

担当する事案について分かりやすい説明を行うことができる。

業務運営

計画的に業務を進め、担当業務全体のチェックを行い、確実に業務を遂行することができる。

係員

倫理

全体の奉仕者として、責任を持って業務に取り組むとともに、服務規律を遵守し、公正に職務を遂行することができる。

知識・技術

業務に必要な知識・技術を習得することができる。

コミュニケーション

上司・同僚等と円滑かつ適切なコミュニケーションをとることができる。

業務遂行

意欲的に業務に取り組むことができる。

益子町職員人事評価実施要綱

平成13年4月4日 告示第28号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第3章
沿革情報
平成13年4月4日 告示第28号
平成19年3月20日 告示第33号
平成20年4月1日 告示第36号
平成24年3月31日 告示第59号
平成28年3月31日 告示第41号