○益子町奨学資金貸与規則

昭和48年4月27日

教委規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、益子町奨学資金貸与条例(昭和48年条例第16号。以下「条例」という。)第15条の規定に基づいて、奨学資金の貸与に関する手続等を定めることを目的とする。

(貸与願出)

第2条 奨学資金の貸与を受けようとするものは、次の書類を提出して、願出しなければならない。

(1) 奨学資金貸与願書(様式第1号)

(2) 出身学校長及び在学校長の推せん調書(様式第2号)

(3) 奨学資金貸与申請者身上調書(様式第3号)

(4) 住民票の世帯全員の写し

(5) 健康診断書

2 前項の貸与願書には、連帯保証人が連署しなければならない。

(貸与の規定)

第3条 町長は、奨学金の貸与を許可したときは益子町教育委員会(以下「教育委員会」という。)を経て本人に通知する。

2 貸与の許可を得た者(以下「奨学生」という。)は、直ちに保証人と連署をした誓約書(様式第4号)を提出しなければならない。

3 前項の保証人は、本町に居住し、かつ、保証人として認められる者でなければならない。

(成績証明書の提出)

第4条 奨学生は、毎年度末には在学学校長の学業成績証明書を、教育委員会に提出しなければならない。

(異動の届出)

第5条 奨学生は、次の各号の一に該当するときには、保証人連署をもって直ちに教育委員会に提出しなければならない。

(1) 休学、復学、転校又は退学したとき。

(2) 本人、連帯保証人の住所、氏名その他重要な事項に異動があったとき。

(3) 卒業したとき。

(奨学金の休止)

第6条 奨学生が休業したときは、復学までの期間奨学金の貸与を休止する。

(借用証書)

第7条 奨学生が卒業し、又は条例第9条第1号に該当するに至ったときは、連帯保証人と連署して奨学資金借用証書(様式第5号)及び返還明細書(様式第6号)を教育委員会に提出しなければならない。

2 奨学生であった者が奨学金返還完了前に死亡したときは、前項に準じて届け出なければならない。

(実施細目)

第8条 この規則の実施に当たって必要な事項は、教育長が定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和48年4月1日から適用する。

附 則(平成2年教委規則第3号)

この規則は、公布の日から施行し、平成元年1月8日から適用する。

附 則(平成3年教委規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

益子町奨学資金貸与規則

昭和48年4月27日 教育委員会規則第1号

(平成3年1月25日施行)