1. ホーム>
  2. くらし>
  3. くらしのお知らせ>
  4. 新型コロナウイルス感染症対策における『手作りマスク』について

くらし

新型コロナウイルス感染症対策における『手作りマスク』について

 ★★★手作りマスクの作り方★★★ 

【用意するもの・作り方】

(1)     ハンカチ(大きめ50センチメートル×50センチメートル)

   ヘアゴム(大きめ、太めもの、なければ代用できるゴム)

(2)     まず、ハンカチを半分に折る

(3)     さらに半分に折り4分の一の幅に

(4)     最後に、もう一回ハンカチを折って8分の一の幅に

(5)     次に、幅3等分の位置にヘアゴムを左右から通し、それぞれ、ヘアゴムが中に入るように折ります

(6)     端と端がうまく重なり合うように間に入れ込みます

   完成!!

 『マスクの作り方』の画像

   あとは、顔につけるだけ!!

『マスク装着写真(前)』の画像 『マスク装着(横)』の画像

 

*今回は50センチメートルのハンカチを使用しています。使用するサイズによって折る回数などは

 工夫してください。

参考:厚生労働省 

動画サイト『やってみよう!新型コロナウイルス感染対策みんなでできること』

https://www.youtube.com/watch?v=WRhp0ZGVh0U&feature=youtu.be 

<布マスクの洗濯・消毒方法について>

布マスクは、洗濯することで繰り返し使用できます。洗濯後に薄めた漂白剤などで消毒すると、より衛生的です。消毒は、使用する漂白剤の使用上の注意を確認してから行いましょう。必ず炊事用の手袋を着用し、消毒薬は素手で触らないでください。

(1) バケツなどに湯と洗濯用洗剤を入れ、その中でもみ洗いをする。特にマスク内側の口や

  鼻に触れる部分をていねいに洗う。

(2) 水道水ですすぐ。               

(3) 容器に次亜塩素酸ナトリウム200ppm溶液を入れ、 5分間浸す。

        →→200ppm溶液の作り方【原液濃度5%漂白剤の場合】

          漂白剤2mlに水を足して500mlにする

(4) 水道水で充分に洗い流す。

(5) 水気をよく切り、吊るして(干して)乾燥させる。

(6) フタ付きの衛生的な専用容器に入れて保管する。

 

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは民生部健康福祉課 保健予防係です。

〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町大字益子1591番地3

電話番号:0285-70-1121 ファックス番号:0285-72-9341

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る