1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 介護保険>
  4. 訪問介護(生活援助中心型)の訪問回数が多いケアプランの届出について

くらし

訪問介護(生活援助中心型)の訪問回数が多いケアプランの届出について

 

訪問介護の生活援助が規定回数を超える対象者の取扱いについて

 「指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準」(平成11年3月31日厚生省令第38号)の一部改正に伴い、平成30年10月より、利用者の自立支援・重度化防止及び地域資源の有効活用等の観点から、訪問介護における生活援助中心型サービスの利用回数が基準回数以上のケアプランについて、保険者への届出が必要となります。

厚生労働大臣が定める訪問介護(生活援助中心型サービス)の回数(ひと月あたり)

 要介護区分に応じて、1月あたり以下の回数になります。

要介護度 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
基準回数 27回 34回 43回 38回 31回

※上記回数には、身体介護に引き続き生活援助が中心である訪問介護を行う場合の回数を含みません。

届出について

 届出が必要なとき

 以下の場合、届出が必要です。

  • 新規に居宅サービス計画を作成し、基準回数を超えた場合
  • 要介護更新認定後、初回の居宅サービス計画を作成し、基準回数を超えた場合
  • 要介護度の変更に伴い、訪問回数が基準回数を超えた場合
  • 居宅サービス計画を変更し、訪問回数が基準回数を超えた場合
  • 居宅サービス計画を作成し、訪問回数が基準回数を超えたため届出を行って承認されたが、その後さらに訪問回数が増加することとなった場合
  • その他届出が必要とされる場合

提出書類

届出の期限及び提出方法

 居宅サービス計画を作成した翌月末日までに高齢者支援課介護保険係窓口へ提出してください。

提出後の流れ

 当該届出については「介護保険法施行規則」第140条の72の2に基づく地域ケア介護における検討事項となるため、地域ケア会議において必要に応じて検討することとなります。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは民生部高齢者支援課です。

〒321-4293 栃木県芳賀郡益子町大字益子2030番地

電話番号:0285-72-8525 ファックス番号:0285-70-1141

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る