1. ホーム>
  2. 益子町の文化財>
  3. お知らせ>
  4. 【6/14】講演案内「ときめきのとき~芸術は身近なもの~」(文化庁長官)

【6/14】講演案内「ときめきのとき~芸術は身近なもの~」(文化庁長官)

本来だれでも持っているときめきの心は、身近な芸術を通して呼び起こすことができると思われます。ときめきの心が地域や個人にとっていかに大切であるか、文化庁長官である宮田さんに講演していただきます。

 

演  題|ときめきのとき~芸術は身近なもの~

講  師|宮田 亮平 氏(文化庁長官)

日  時|平成29年6月14日(水)18:00~19:30

会  場|益子町民会館

参 加 料|無料(事前申し込み不要)

主  催|益子町

お問合せ|0285-72-3101(中央公民館)

 

◆宮田亮平氏プロフィール

金工作家。新潟県佐渡に蝋型鋳金作家の2代目宮田藍堂の3男として生まれる。1972年に東京藝術大学大学院美術研究科工芸専門課程(鍛金専攻)を修了。イルカをモチーフとした「シュプリンゲン」シリーズなどの作品で、「宮田亮平展」をはじめとして、国内外で多数の展覧会に参加。「日展」内閣総理大臣賞や、「日本現代工芸美術展」内閣総理大臣賞など数々の賞を受賞し、2012年に日本芸術院賞を受賞。2005年より東京藝術大学学長として2期10年に渡り大学経営を務めた後、2016年4月より文化庁長官に就任。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会「東京2020エンブレム委員会」委員長も務めた。

『宮田長官』の画像

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町大字益子3667番地3

電話番号:0285-72-3101 ファックス番号:0285-72-3110

メールでのお問い合わせはこちら