1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 福祉>
  4. 精神障がい者福祉について

くらし

精神障がい者福祉について

精神的な疾患を持つ方は、次のようなサービスを受けることができます。
また、精神障害者福祉手帳を取得することができます。(詳しくは精神障害者保健福祉手帳の申請手続についてをご覧ください。)

自立支援医療(精神通院)制度

精神障がいを持つ方が、指定の医療機関で医療を受けた場合、医療費の自己負担が1割となる制度です。ただし所得などに応じて上限が決められていて、負担が重くなりすぎないようになっています。
こちらを受けるためには、本人又は保護者等の申請が必要であり、決定後、受給者証、自己負担上限額管理票が交付されます。

税金の減免措置

国税(所得税、相続税、贈与税)地方税(住民税、事業税、自動車税、自動車取得税、軽自動車税)が減免されます。(税務署、県税事務所、役場税務課へお問い合わせください。)

障害基礎年金

病気、けがなどにおいて精神の障がいなどがみられ、日常生活に著しい制限を受ける場合に支給されます。(社会保険事務局、役場住民課国保年金係へお問い合わせください。)

携帯電話の割引

携帯電話の基本料金が半額となります。(お使いの携帯電話会社にお問い合わせください。)

NHK放送受信料の免除

全額免除:手帳をお持ちの方がいる世帯で、かつ世帯全ての人が市民税非課税の場合
半額免除:手帳の等級が1級の方が、世帯主である場合
上記に該当する方は、手帳と印鑑をお持ちの上で、福祉課へいらしてください。

障害福祉サービス

詳しくは、障害者総合支援法【準備中】障害福祉サービスについて【準備中】をご覧下さい。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは民生部健康福祉課です。

〒321-4293 栃木県芳賀郡益子町大字益子2030番地

電話番号:0285-72-8851 ファックス番号:0285-70-1141

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る