1. ホーム>
  2. 観光>
  3. 観光のお知らせ>
  4. 9月のイベント情報(8月1日掲載)

観光

9月のイベント情報(8月1日掲載)

・Reborn 長倉翠子の世界
・ましこ町民大学(第6期)入学式
・平成30年度第1回歴史講座兼文化財ガイド養成講座「古墳時代のましこ-遺跡からわかる、人々の暮らし-」
・土祭・中秋の名月記念観望会
・メッセ茶席(益子町茶華道協会)
・ラーニングバケーション 益子の水藍物語
・第10回益子さんぽ市
・土祭2018

Reborn 長倉翠子の世界

7月22日()~9月30日()、益子陶芸美術館において、企画展「Reborn 長倉翠子の世界」を開催しています。

栃木県益子町を拠点に活躍した陶芸家・長倉翠子(1937~2016)の個展を当館で初開催します。受贈作品約40点を中心に展覧し、長倉の陶業の真髄に迫ります。当館の昨年度新収蔵作品もあわせて紹介します。

『Reborn 長倉翠子の世界』の画像 『Reborn 長倉翠子の世界_2』の画像

●お問い合わせ 益子陶芸美術館(陶芸メッセ・益子) TEL:0285-72-7555 FAX:0285-72-7600
HP:http://www.mashiko-museum.jp/

ましこ町民大学(第6期)入学式

9月1日()9:00~ 中央公民館第1研修室において、ましこ町民大学(第6期)入学式が行われます。

ましこ町民大学では、まちづくりの基礎を広く学び、地域課題に対して学生みんなでプランを作成し、まちづくりを実践します。
詳しくはこちら

●お問い合わせ 生涯学習課 TEL:0285-72-3101 [月曜休館(祝日の場合は翌日)]

平成30年度第1回歴史講座兼文化財ガイド養成講座「古墳時代のましこ-遺跡からわかる、人々の暮らし-」

9月1日()13:30~ 中央公民館視聴覚室において、平成30年度第1回歴史講座兼文化財ガイド養成講座「古墳時代のましこ-遺跡からわかる、人々の暮らし-」が行われます。

ましこには天王塚古墳や向北原古墳、小宅古墳群や西坪古墳群など数多くの古墳が残されています。では古墳をつくった当時の人々はどのような生活をしていたのでしょうか。
発掘された遺跡をもとに古墳時代の専門家である進藤先生をお招きして講演していただきます。ぜひご参加ください。

  • 講師|進藤 敏雄 先生(日本考古学協会会員)

『平成30年度歴史講座-1』の画像

●お問い合わせ 中央公民館 TEL:0285-72-3101 [月曜休館(祝日の場合は翌日)]

土祭・中秋の名月記念観望会

9月8日()~9月24日(月) 19:00~21:00、フォレスト益子/益子町天体観測施設スペース250において、土祭・中秋の名月記念観望会が開催されます。

土星と見ごろを迎える月を観測をします。(月は15日~24日の期間限定で観測できます)

  • 料金|大人400円/小中学生200円

●お問い合わせ フォレスト益子/益子町天体観測施設スペース250 TEL:0285-70-3305

メッセ茶席(益子町茶華道協会)

9月9日()、陶芸メッセ・益子/旧濱田庄司邸において、益子町茶華道協会によるメッセ茶席が行われます。
濱田庄司が実際に住んでいた茅葺きの邸宅でお茶を楽しむことができます。

『旧濱田庄司邸_外観』の画像

●お問い合わせ 益子陶芸美術館(陶芸メッセ・益子) TEL:0285-72-7555 FAX:0285-72-7600
HP:http://www.mashiko-museum.jp/

ラーニングバケーション 益子の水藍物語

9月15日()10:00~16:00、ラーニングバケーション「益子の水藍物語」の第3回体験イベントが開催されます。

ラーニングバケーションとは、益子町の自然と親しみ、益子の人と語らい、益子の文化に触れる体験型ツーリズムのことで、町内各所で魅力的な体験メニューを揃えています。

「益子の水藍物語」の第3回体験イベントでは、藍の葉刈り取りや藍の生葉染め体験などができます。

『水藍物語2』の画像 『水藍物語3』の画像

  • 会場|コウホネ田んぼ~ホオノキのある小屋(益子町西明寺地区)、道の駅ましこ(益子町長堤2271)
  • 定員|20名
  • 参加費|6,500円(染めるストール代、ランチ代込)
  • 内容|藍の生葉染め説明(なぜ青く染まるのか?藍で染める効果)、藍の葉刈り取り、藍の生葉染め体験(藍でストールを染める)、ホオノキのある小屋でランチ(地元の食材季節の野菜を使ったランチ)、染めたストールは持ち帰り
  • 主催|西明寺コウホネ田んぼの会

詳しくはこちらをご覧ください

●お問い合わせ 観光商工課 タウンプロモーション係 TEL:0285-72-8873

第10回益子さんぽ市

『第10回益子さんぽ市』の画像

9月15日()~17日(月・祝)益子焼窯元共販センター第1駐車場において、第10回益子さんぽ市が開催されます。
益子さんぽ市は、陶器やガラス・木工・金属・布・衣類・アクセサリーなどさまざまな作家が出店するクラフトフェアです。おいしい飲食店の出店や、生演奏ライブステージもあります!うれしくなるモノいっぱい!の「益子さんぽ市」にぜひお越しください。

●お問い合わせ 益子さんぽ市実行委員会
HP:http://sayado.net/
Facebook:https://www.facebook.com/sanpoiti/

土祭2018

『土祭2018』の画像

益子の土、風土、先人の知恵に感謝する新しいお祭り「土祭」。第4回目となる「土祭2018」が9月15日()~30日()および10月7日()に開催されます。

土祭は、2009年から3年おきに開催されており、「文化の力で地域を元気にする」という考えのもと、町内各所に現代アートの展示や町民の企画を開催し、地域の歴史や文化、様々な資源を掘り起し、「益子ならではの文化」を問い続けてきました。

4回目となる今回の土祭は総合プロデューサーをおかず、実行委員会とは別に、町内を田野・益子・七井の3地区に分けて委員会を組織し、地区の特徴を企画にどのように活かせるのかを協議しました。
3地区の委員会で企画した「地域プロジェクト」や町内各所に展示される現代アート、今回初の企画となる「食プロジェクト」と「オカリナプロジェクト」、その他たくさんの企画が展開されます。

アート作品展示

田野・益子・七井地区に合計17名の作家が13会場に現代アートを展示します。
※現代アートは9/15[]から9/30[]までの間展示されます

主なプログラム
9月15日(
  • 昔の益子探し
  • 田野地区めぐり(9/15[]~10/7[])
  • 手仕事村プロジェクト
  • 川崎義博×角正之パフォーマンス
  • 夕焼けバー(土舞台・土祭広場)
9月16日(
  • 昔の益子探し
  • トークショー 赤坂憲雄×山﨑光男×石井匠「いのちの交歓~土と食の神話と現実」
  • サウンドパフォーマンス 鈴木昭男
  • トークショー 鈴木昭男×KINTA「日向ぼっこの空間」
  • 手仕事村プロジェクト
  • 原土プロジェクト
  • 夕焼けバー(土舞台・土祭広場)
9月17日(月・祝
  • トークショー 鞍田崇×大塚一弘「手と土」
  • 手仕事村プロジェクト
  • 原土プロジェクト
9月22日(
  • 昔の学校給食を食べる
  • 昔の益子探し
  • 七井地区の歴史探訪
  • 映画上映「僕らのカヌーができるまで」
  • トークショー 関野吉晴×髙山英樹×石井匠「いのちの交歓~生きること・旅すること・つくること」
  • 手仕事村プロジェクト
9月23日(
  • どんど焼き体験
  • 田んぼ広場
  • 農の移り変わり展示
  • 稲刈り体験
  • 田野地区の紹介展示
  • 真言八祖絵図展示
  • レクチャー 羽村太雅×植松琢磨「星の子が織りなす自然と美をめぐる」
  • 手仕事村プロジェクト
  • 原土プロジェクト
  • 夕焼けバー(道の駅ましこ)
9月24日(月・祝
  • 食プロジェクト
  • 手仕事村プロジェクト
  • 原土プロジェクト
9月29日(
  • レクチャー 石井匠「いのちの交歓~芸術の在り処と行方」
  • レクチャー 阿久津裕彦×藤原彩人×石井匠「生命形態の歴史と環境」
  • 手仕事村プロジェクト
  • 夕焼けバー(真岡鐵道七井駅前)
9月30日(
  • 昔の益子探し
  • 手仕事村プロジェクト
  • 宗次郎と子どもたちのジョイントコンサート(小宅古墳群)
  • 宗次郎ソロコンサート(土舞台)
  • 夕焼けバー(土舞台・土祭広場)
10月7日(
  • 後・土祭(長堤八幡宮)

 

●お問い合わせ 土祭実行委員会事務局(観光商工課内)
TEL:0285-72-8873
HP:http://hijisai.jp
Facebook:https://www.facebook.com/mashikohijisai/

スマートフォン用ページで見る