1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 介護保険>
  4. 介護保険係からのお知らせ

くらし

介護保険係からのお知らせ

 介護保険係から、皆様へのお知らせを掲載しています。

◆ 介護保険負担割合の変更について(平成30年8月から)

 本人の合計所得金額が220万円以上で、同じ世帯の65歳以上の方の「年金収入+その他の合計所得金額」が単身の場合340万円以上、2人以上世帯の場合463万円以上の方は、サービスを利用した際の利用者負担の割合が3割となります。

 

◆ 高齢者夫婦世帯等の居住費・食費の軽減(特例減額措置)について

   こちらのページでは、特例減額措置について説明しています。通常の負担限度額に関する内容を見る場合は、こちらをクリック

 してください。

 通常は、住民税が課税されている世帯の方は、介護保険負担限度額の認定(居住費・食費の軽減制度)の対象とはなりません。しかし、夫婦のうち一方が施設に入所し、食費や居住費を支払った結果、在宅で生活する方が生活困難に陥ってしまうような場合、特例措置として軽減の対象とする制度です。この軽減を受けるには、次の要件を全て満たしていることが必要です。なお、介護保険施設入所にあたり、世帯分離した場合でも、従前の世帯構成員で判定します。

 ● 要件(下記の(1)~(6)をすべて満たす方)

 (1) 属する世帯の構成員の数が2以上(施設入所により世帯が分かれた場合も、なお同一世帯とみなす(2)~(6)において同じ。)

 (2) 介護保険施設または地域密着型介護老人福祉施設に入所し、利用者負担第4段階の食費・居住費を負担

 (3) 全ての世帯員及び配偶者について、サービスを受けた日の属する年の前年の公的年金収入等の収入額と年金以外の合計所得金額(長期

   譲渡所得又は短期譲渡所得の特別控除の適用がある場合には、控除すべき金額を控除して得た額)の合計額から、利用者負担、食費及び

   居住費の年額見込みの合計額を控除した額が80万円以下

 (4) 全ての世帯員及び配偶者について、現金、預貯金、合同運用信託、公募公社債等の運用投資信託及び有価証券の合計額が450万円以下

 (5) 全ての世帯員及び配偶者について、居住の用に供する家屋その他日常生活のために必要な資産以外に利用し得る資産を所有していない

 (6) 全ての世帯員及び配偶者について、介護保険料を滞納していない

 ● 申請に必要なもの

 (1) 負担限度額認定申請書【申請書をダウンロードする(ExcelPDF)】

 (2) 同意書【同意書をダウンロードする(WordPDF)】

 (3) 世帯全員の収入状況の分かるもの(源泉徴収票・年金支払通知書・確定申告の写しなど)

 (4) 入居施設の契約書又は重要事項説明書の写し(施設利用料・食費・居住費の記載のあるもの)

 (5) 世帯全員の預貯金通帳等の写し(直近の2ヶ月以内のもの)

 (6) 世帯全員が所有している不動産が確認できるもの(固定資産税の納税通知書に添付されている明細など)

 (7) 世帯全員が所有している自動車が確認できるもの(自動車税等を納付した際の領収書、車検証等)

  ● 注意事項

 (1) この認定は、毎年8月に更新が必要です

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは民生部高齢者支援課 介護保険係です。

〒321-4293 栃木県芳賀郡益子町大字益子2030番地

電話番号:0285-72-8852 ファックス番号:0285-70-1141

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

益子町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る