1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 保険・年金>
  4. 高額療養費について

くらし

高額療養費について

 
高額療養費について
 ・1か月の医療費の自己負担額が限度額を超えたとき、その超えた分が高額療養費として支給されます。
 ・自己負担限度額は70歳未満の方と70歳以上75歳未満の方では異なります。
 ・入院時の食事代や差額ベッド代などは支給の対象外です。
 ・高額療養費に該当する世帯には、病院にかかった月の概ね2カ月後に通知します。

○申請に必要なもの
 ・保険証
 ・領収書
 ・振込先の通帳
 ・印鑑

70歳未満の方の限度額
 区      分 自己負担限度額(1~3回目まで) 自己負担限度額(4回目以降)
総所得金額等が
901万円を超える
252,600円+
(総医療費-842,000円)×1%
140,100円
総所得金額等が
600万円を超え
901万円以下
167,400円+
(総医療費-558,000円)×1%
93,000円
総所得金額等が
210万円を超え
600万円以下
80,100円+
(総医療費-267,000円)×1%
44,400円
総所得金額等が
210万円以下
57,600円 44,400円
住民税非課税 35,400円 24,600円
・総所得金額とは・・・国民健康保険税の算定の基礎となる基礎控除後の所得金額。
                 → 総所得金額等-基礎控除(33万円)
・非課税世帯とは・・・世帯主およびすべての国保被保険者が住民税非課税の世帯。


70歳以上75歳未満の方の限度額
 区      分 外来の限度額
(個人ごとに計算)
入院+外来の限度額(世帯ごとに計算)
現役並み所得者 44,400円

80,100円
+(総医療費-267,000円)×1%
(多数該当 44,400円)

一      般 12,000円 44,400円
低所得 8,000円 24,600円
15,000円

※(  )内は、12カ月以内に4回以上、世帯の限度額を超えて高額療養費の支給を受けた場合の、4回目からの限度額です。
 入院の場合、1カ月に医療機関に支払う費用は、世帯ごとの限度額までとなります。
・低所得者Ⅱとは・・・世帯主及び世帯員全員が町県民税非課税。
・低所得者Ⅰとは・・・世帯主及び世帯員全員が町県民税非課税で、かつ各種収入等から必要経費・控除を差し引いた所得(年金の所得は控除額を80万円とします)が、0円となる人。
・現役並み所得者とは・・・70歳以上75歳未満の国保被保険者のうち1人でも町民税の課税標準額が145万円以上の人がいる世帯に属する人(医療機関での自己負担割合は3割となります)。
ただし、下記の収入判定基準に該当する人は申請により自己負担割合が1割または2割に軽減されます(対象者に基準収入額適用申請書を送付します)。

収入判定基準
同一世帯の70歳以上75歳未満の国保被保険者数 収入
1人 383万円未満
1人 後期高齢者医療制度移行に伴い国保をぬけた人を含めて
合計520万円未満
2人 合計520万円未満


 
 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは民生部住民課 国保年金係です。

〒321-4293 栃木県芳賀郡益子町大字益子2030番地

電話番号:0285-72-8848 ファックス番号:0285-72-6430

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る