1. ホーム>
  2. ましこ歳時記>
  3. 平成26年度>
  4. フィリップ・リーチ氏公開制作【H26.5月】

ましこ歳時記

フィリップ・リーチ氏公開制作【H26.5月】

 

平成26年5月から、益子町と海外アーティストとの交流をめざす「益子国際工芸交流事業」として海外で活躍するアーティストを益子町に招待し、作品制作や講演会、公開制作などの事業をスタートしました。

第1回目のゲストアーティストは、イギリスの陶芸家バーナード・リーチの孫で、その陶芸の流れを継承するフィリップ・リーチ氏です。

リーチ氏は、益子町出身で株式会社大塚商会の創業者である大塚実氏の寄付によって完成した「益子国際工芸交流館」に滞在しながら、作品制作などをしています。(平成26年5月24日まで滞在)

国際工芸交流館

↑益子国際工芸交流館の外観

5月17日(土)には、陶芸メッセ・益子内の旧濱田邸の隣にある陶芸工房で公開制作が行われました。

当日は、海外の陶芸家の技を一目見ようと多くの人が集まりました。

リーチ氏作陶2

リーチ氏作陶1

普段なかなか見ることができない海外の陶芸家の技を見ることができ、貴重な経験になったのではないでしょうか。

今後も海外の陶芸を中心とした工芸家の方をお招きする予定ですのでお楽しみに!

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務部総務課 秘書広報係です。

〒321-4293 栃木県芳賀郡益子町大字益子2030番地

電話番号:0285-72-8825 ファックス番号:0285-72-6430

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る