文化財詳細

菩提樹

菩提樹

ぼだいじゅ菩提樹

町指定(昭和52年7月18日指定)

種類
天然記念物
時代
室町時代

しなのき科シナノキ属の樹木で推定樹齢500年とされる。中国中部原産で寺院の庭によく植えられる落葉高木。若枝や葉裏に灰白色の星状毛が密生する。葉は長さ5~10㎝、表面無毛。花は初夏、香りがよい。果実は径7~8㎜、念珠を作る。釈迦が木の下で悟りをひらいたという菩提樹(漢名)はインドボダイジュでクワ科のもので、本種とは別のもの。葉形がにているという。現在の地蔵院本堂(旧尾羽寺阿弥陀堂)が室町時代に改築された際、植えられたといわれている。

参考:『益子町の文化財』

所在地
大字上大羽945-1
所有者
地蔵院