文化財詳細

リンボク群生地帯

リンボク群生地帯

りんぼくぐんせいちたいリンボク群生地帯

町指定(昭和52年7月18日指定)

種類
天然記念物
時代
年代不詳

本州関東以西・四国・九州の暖地の山中にはえる常緑高木。高さ5m内外。若枝は紫褐色、翌年黒味を帯びる。葉の長さ5㎝内外。革質で光沢があり、若木の葉縁は長いとげのあるきょ歯をもつ。花は晩秋。果実は翌年晩春に熟す。和名は誤ってりん木をあてたことになる。別名ヒイラギガシは若木の葉をヒイラギになぞらえ、カタザクラは材が堅いことに基づく。西明寺南西斜面に群生している。

参考:『益子町の文化財』

所在地
大字益子4469
所有者
西明寺
公式webサイト
http://fumon.jp/