文化財詳細

木造千手観音菩薩座像

木造千手観音菩薩座像

もくぞうせんじゅかんのんぼさつざぞう木造千手観音菩薩座像

県指定(平成2年1月26日指定)

種類
彫刻
時代
鎌倉時代

鎌倉期作とされる仏像で、頭頂の化仏(髻頂に如来面、天冠台上の正面に蓮華坐付の如来立像一面、左右に菩薩七面)は二段に植付ける。二条の覆輪に一段弁形の天冠台をつけ、その下に地髪部を毛彫り、他は平彫りとする。小さな水晶製の白毛相、三道彫出、耳朶環状。条帛を左肩より右脇にかけ、天衣は両肩より合掌手にかかる。腰には折返しの裳をつけ、右足を外にして結跏趺坐する。胸には瓔珞、合掌手と宝鉢手に腕釧をつける。

参考:『益子町の文化財』

所在地
大字益子4469
所有者
西明寺
公式webサイト
http://fumon.jp/