文化財詳細

木造閻魔大王坐像・両脇侍像

木造閻魔大王坐像・両脇侍像

もくぞうえんまだいおうざぞうりょうきょうじぞう木造閻魔大王坐像・両脇侍像

県指定(昭和50年4月30日指定)

種類
彫刻
時代
江戸時代

寛永10年(1633)につくられた彫刻で、彫刻手法は大胆にして精美、面相はその仏の様相を表現しており、納衣線など流麗である。またこれほど大きい閻魔大王はとてもめずらしく、地元では「笑いエンマ」として親しまれている。

参考:『益子町の文化財』

所在地
大字益子4469
所有者
西明寺
公式webサイト
http://fumon.jp/