文化財詳細

絹本著色両界曼荼羅図

絹本著色両界曼荼羅図

けんぽんちゃくしょくりょうかいまんだらず絹本著色両界曼荼羅図

県指定(平成14年2月15日指定)

種類
絵画
時代
室町時代

両界曼荼羅図は胎退蔵界曼荼羅と金剛界曼荼羅の二幅からなり、永禄11年(1568)宇都宮に住んでいた絵師、螺来雅楽尉(つぶらうたのじょう)によって制作され宇都宮氏の菩提寺であった地蔵院に納められた。曼荼羅図とは諸尊の悟りの世界を象徴するものとして諸仏を描いた図で法会のときなどに本堂に掲げ、仏教の教えをわかりやすく説いたものである。

参考:『芳賀の文化財』第25集

所在地
大字上大羽945-1
所有者
地蔵院