文化財詳細

山本太々神楽

山本太々神楽

やまもとだいだいかぐら山本太々神楽

町指定(平成19年6月26日指定)

種類
無形民俗
時代
明治時代

奉納日は、以前は11月15日に実施していたが、現在はそれに近い日曜日(鹿島神社の例大祭)に行われる。 明治初期に真岡の大前神社の太々神楽を習い覚えたといわれている。鹿島神社の例大祭に五穀豊穣を願って奉納するもので、神事終了後に隣接する八幡神社で上演される。舞は代表者が礼拝の後に奉幣をもって神楽殿の四方を祓う舞がまず行われる。恵比寿大黒の舞、天狐白狐の舞では餅がまかれる。

(引用:『芳賀の文化財』第25集)

所在地
大字山本
所有者
山本鹿島神社氏子